保育ママご利用ガイド

Fun & Easy & Happy♪

空き時間を有効利用して
保育ママ・パパデビュー
してみよう!


簡単無料登録であなたも
保育ママ・パパに!
子育て経験があれば登録に必要な資格はありません。

ベビーシッターや保育士の経験がある方
お子様がいらっしゃる主婦の方
子どもが好きな方

保育士の資格がなくても子供がいればそれでOK!


保育ママ・パパになるために必要なもの

必要書類

本人確認書類
1点で確認できるもの
・運転免許証・パスポート・個人番号カード(マイナンバーカード)
・在留カード又は外国人登録証明書※1 ・住民基本台帳カード

2点で確認できるもの
・各種健康保険証・住民票・年金手帳・印鑑登録証明書

有資格者は資格証明書又は、育児経験を証明できるもの(子供がいることが確認できる書類)
子どもがいることが確認できる書類
・子どもの保険証・医療費受給者証(親と同一住所であること)
・住民票(子どもと同一住所の記載がある場合)
・戸籍謄本

子どもと性が異なる親子関係を証明するもの
ケースにより必要書類に相違がありますので、各役所にて親子関係を証明する書類が必要である旨をお伝えください
・子どもの戸籍謄本(戸籍全部事項証明書)
・子どもと性が異なる親の(戸籍全部事項証明書)

都道府県知事等への届出を証明する書類(認可外保育施設設置届)
愛知県規定の設置の届出が不要な場合(届出対象外施設)に該当しないサービスを行おうとする会員の方は、             認可外施設設置の届け出が必要です。

お住いの市町村が名古屋市・岡崎市・豊橋市・豊田市・岩倉市の場合は、それぞれの市町村へ、 それ以外の市町村にお住まいの方は愛知県に届け出を行います。
設置届の用紙に記入し、お住いの市役所の子ども課・保育課へご提出下さい。
詳しくは、各市町村へお問い合わせ下さい。

愛知県 PDF: 名古屋市 PDF:

岡崎市   豊橋市   豊田市   岩倉市

認可外保育施設設置届について詳しくはこちら


※1 外国人の登録については、「永住権」のある方のみとし、在留カードにて永住権の表記の有無を確認させていただきます。「特別永住者」はご登録いただけません。
※2 各種必要書類のご提出に郵送をご希望される方は、お問い合わせフォームよりその旨をお知らせください。

資格、講習受講、届出などの証明書類の表示

      
本人確認書類
ご提出頂きました本人確認書類とアカウントの情報を照合し、事務局の確認がとれた方に表示させて頂いております。
        
自治体認定
愛知県や各自治体に認可外施設設置届、又は、居宅訪問型保育事業届の提出行って頂いたことを証明する書類を、サイトに画像としてアップロードして頂いた会員の方に表示させて頂いております。
        
子育て経験
育児経験を証明できる書類をご提出頂き、事務局の確認がとれた方に表示させて頂いております。
        
保育士
保育士の資格を証明できる書類をアップロードして頂いた会員方に表示させて頂いております。
        
家庭的保育者
家庭的保育者の研修を修了した方は、 受講修了証明をアップロードして頂きますと「保育パパ・ママ」のアイコンを表示させて頂いております。

ベビーシッター
ベビーシッターの資格を証明できる書類をアップロードして頂いた会員方に表示させて頂いております。
        
その他の講習
・愛知県や各自治体の実施する子育て支援員研修を修了した子育て支援員
・ファミリーサポートセンターが実施する託児講座
・その他民間団体で行われている保育の研修や講座など
を受講修了された証明の画像を送信して頂くことで表示させて頂いております。 公式の講座でなくても講座を受講していることが、託児・保育に対して積極的に情報収集や技術向上を行っていることをアピールすることができます。
        
送迎サポート
保育園や学校への送り迎えが行える設定がされている会員に表示されます。
        
病児保育
病児・病後保育が行える設定がされている会員に表示されます。


保育ママ・パパ
ご利用ガイド

対象年齢
0歳~小学校6年生まで
託児時間
託児できる時間は、原則として子供1人につき最高8時間までとします。
最低時給
設定できる最低時給は600円です。600円以上で時給を設定して下さい。
一度に預かれる子供の人数
託児者1人に対し、依頼者1人です。一度に預かれるのは、子供3名まで(登録上限も子供3名)まで可能です。
託児場所
託児会員の自宅又は、依頼会員の自宅、その他事業所内などの安全が配慮された場所で
1乳幼児当たり1.65㎡以上の面積、調理設備、トイレの設備があり、衛生と安全が確保された場所であることが必要です。
詳しくは、こちらを参考にして下さい。 認可外保育施設指導監督基準
届出について
依頼会員の自宅で託児する場合…居宅訪問型保育事業
児童福祉法の改正により、平成27年4月から、認可を受けずに乳幼児の居宅等に訪問して保育を行う場合、都道府県知事(指定都市は市長)に届け出ることが義務づけられました。愛知県、又は各市町村に届出行って下さい。
認可外保育施設設置届(居宅訪問型保育施設用) 名古屋市用

託児会員の自宅で託児する場合…家庭的保育事業(認可外保育施設)
平成14年10月に施行された改正児童福祉法により、認可外保育施設を設置した場合は、事業を開始した日から1か月以内に都道府県知事に対する届出が義務付けられました。認可外施設設置届に記入し、愛知県、又は各市町村に届出行って下さい。


設置の届出が不要な場合(届出対象外施設)
以下のいずれかに該当する施設は、設置届は不要です。
○次に掲げる乳幼児のみの保育を行う施設であって、その旨が約款その他の書類により明らかであるもの。
(1) 事業主が雇用する労働者の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該事業主が雇用する労働者の乳幼児
(2)事業主団体がその構成員である事業主の雇用する労働者の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該事業主団体の構成員である事業主の雇用する労働者の乳幼児
(3) 厚生労働大臣が定める組合等がその構成員の乳幼児を保育するために設置する施設又は保育を委託する施設であって、当該組合の構成員の乳幼児
(4) 店舗その他の事業所において商品の販売又は役務の提供を行う事業者が商品の販売又は役務の提供を行う間に限り、その顧客の乳幼児を保育するために自ら設置する施設又は当該事業者からの委託を受けて当該顧客の監護する乳幼児
例:デパート、自動車教習所や歯科診療所等に付置された施設。
※これらの施設であっても、利用者が顧客であるかや、その施設の利用がお店のサービスの提供を受ける間の利用であるかが明らかでない場合は、届出対象となります。
(5) 設置者の四親等内の親族である乳幼児
(6) 設置者の親族又はこれに準ずる密接な人的関係を有する者の監護する乳幼児
(7) 一時預かり事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児
(8) 病児保育事業を行う施設にあっては、当該事業の対象となる乳幼児
※その他にも次のような場合、届出対象外施設となります。
(9) 半年を限度として臨時に設置される施設
例:単発のイベントの託児
(10) 学校教育法(昭和22年3月31日法律第26号)に規定する幼稚園を設置する者が当該幼稚園と併せて設置している施設。(同一敷地内等)

予約について
面談が終了した依頼者から予約が入ると登録されたメールアドレス宛にお知らせメールが届きます。
マイページより予約内容を確認いただき、承認をしますと予約完了となります。
※予約は、託児開始時間より3時間前までに入ります。
※一度に預かれる人数は3名までとなります(同一依頼者からのみ)
キャンセルについて

予約されていた託児をキャンセルされる場合は必ず、キャンセルすることが決定した時点で速やかに依頼者に連絡をしてください。
キャンセルの場合はペナルティとして、相当分(下記参照)の料金をお支払いいただきます。
また、合意キャンセルを除く事情のキャンセルの場合は自動で評価に「1」が付きますのでご注意ください。

・体調不良など酌量の余地があり、依頼者も合意の場合のキャンセル
依頼者が《合意キャンセルボタン》を押した場合はキャンセル料やペナルティは無し
・連絡なしのキャンセルは罰金30,000円(自動評価1)
・予約開始時刻より5時間以内のキャンセルは罰金20,000円(自動評価1)
罰金の支払いは、サイトが指定した口座に振込をしてもらい、確認ができ次第アカウントを再開させる
病時保育・病後保育について

病時保育とは、風邪などの軽度な病気の治療中であり、集団保育は困難であるが、症状が安定していて入院治療の必要がなく、病時保育の利用が可能であると医師が判断した場合
病後保育とは、軽度な病気の回復期にあり、集団保育が困難であるが、安静の確保が必要であり、医師が病後保育の利用が可能であると判断した場合
◎病時保育・病後保育利用される方は次のことを守ってください◎

  • 病児を託児する場合は、必ず、医師の診断が下りていること、託児者に保険証、子ども医療費受給者証のコピーを渡してください。
  • 薬の服用させる場合は、服用回数、量、方法、時間などをメモして渡すなど、服用間違い防止に十分注意すること
  • 体調が急変するなどの緊急事態が生じた際の連絡方法等について、確認してください。
  • お互いが安心できるよう、病児の様子をまめに報告、又は確認の連絡をするようにして下さい。
利用料金について

利用料金は、託児料金とオプション料金にサイト利用料10%と消費税を足したものになります。
{ 託児料金+オプション料金 } + サイト利用料 + 消費税 = お支払い料金

・託児料金は、保育ママ・パパにより異なります。保育ママ・パパが設定した1時間分の基本料金を参照ください。
基本時間料金 × 託児時間 = 託児料金
・サイト利用料は、託児料金とオプション料金を足したものになります。
{ 託児料金+オプション料金 }× 10% = サイト利用料

オプション料金

保育ママ・パパはご自身のスキルやサービスを付加価値としてオプションをつけることができます。金額も自由に設定可能です。オプション項目は最初から決まっているわけではなくご自身で好きな項目を設定→追加をすることができます。英会話が得意な方は英語レッスンなどご自身の強みとして設定をおすすめします。

例)
食事の提供 1食/200円
おやつの提供1食/100円
入浴サービス1回/100円

水分(水・お湯)などについては、託児者の方で、子供の希望があった場合や子供の様子を見て必要があるようであれば提供してあげて下さい。

サイト利用料について
にこまちでは、託児サービスを便利にご利用頂くための運営・開発費や、安全安心にご利用頂くための保険加入料金を、保育ママ・パパ様・依頼者様双方から、ご利用料金の10%をサイト手数料としていただいております。保育ママ・パパの方には、報酬お支払い時に、依頼者の方にはカード決済時に合わせてお引落しさせていただきます。
交通費について
交通費の定めはありません。交通費が必要になる場合は、各自話し合いの上、現金でのやり取りをお願いします。
延長について
ご予約頂いていた時間よりお迎え時間が過ぎてしまう場合は、できる限りお迎え時間前に託児者に延長する旨を報告し、延長時間を伝えてください。
延長は30分単位を区切りとし、事前予約利用分と延長分の料金の合算された料金を決済時にお支払いいただきます。
返金について
クレジットカード決済の取消し返金につきましては、購入日を含め7日間以内にお問い合わせメールよりご連絡ください。
※購入日を含め7日間を過ぎての返金・取消し・チャージバック(請求取消し)は、一会員につき2回までとし、以降は、強制に退会していただくこととなり、新規会員登録は行えないものとします。
保育ママ・パパの託児報酬の受取り
託児報酬のサイト利用料10%を差し引いた金額をご登録いただいた口座にお振込みいたします。

お振込みの日程:
毎月の月末を締め日とし、翌々月の15日のお支払いとなります。
15日が土日祝日の場合は翌営業日のお振込みとなります。
振込手数料は託児者の方のご負担となります。

ご登録者以外のご名義の口座を指定する場合
託児登録を行って頂いた方に委任状をご提出して頂きます。
お問い合わせフォームよりご連絡頂いた後、以下の委任状をプリントアウトしてにこまち事務局までご郵送下さい。
委任状PDF
保育ママとにこまちの契約について
当サイトの保育ママの契約主体はにこまちとなります。
本託児サービス提供の面談、予約、万一の託児トラブルに対して責任をもってにこまち事務局が対応いたします。
退会
退会をご希望される場合は、お問い合わせフォームより退会の旨と理由を記載の上、お送りください。
登録情報の抹消
サイト利用者が以下の事由に該当する場合、事前に通知又は催告することなく、当サイトの利用を一時的に制限、停止致します。


ご利用にあたり以下の内容を十分ご確認ください。

託児サービスを利用する際は下記のことを守ってください。
当サイト登録 預かる会員(以下、託児者)は、登録の時点で本規約の内容を承諾したものとみなします。



●保険の補償内容などのお問い合わせ
保険の補償内容につきましては、にこまちのお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。
にこまち事務局より保険会社に問い合わせ、ご返答致します。

●保険会社等の相談・苦情・連絡窓口
にこまちは損保ジャパン日本興亜の保険に加入しております。各種ご相談は下記連絡先へお問い合わせください。

●損保ジャパン日本興亜への相談・苦情・お問い合わせ
ご契約内容・手続きに関するお問い合わせは取扱代理店までご連絡ください。その他のお問い合わせは公式ウェブサイトでご確認いただけます。
【公式ウェブサイト】
http://www.sjnk.co.jp/contact/
【窓口:カスタマーセンター】
0120-888-089
【受付時間】
平日:9:00~20:00  土日祝日:9:00~17:00
(12/31~1/3はお休みとさせていただきます。)
※お問い合わせの内容に応じて、取扱代理店・営業店・保険金サービス課へお取り次ぎさせていただく場合はございます。

●保険会社との間で問題を解決できない場合(指定紛争解決機関)
損保ジャパン日本興亜は、保険業法に基づく金融庁長官の指定を受けた指定紛争解決機関である一般社団法人日本損害保険協会と手続実施基本契約を締結しています。損保ジャパン日本興亜との間で問題を解決できない場合は、一般社団法人日本損害保険協会に解決の申し立てを行うことができます。
【窓口:一般社団法人日本損害保険協会「そんぽADRセンター」】
0570-022808(ナビダイヤル 通話料有料)
IP電話からは03-4332-5241をご利用ください。
【受付時間】
平日:9:15~17:00
(土日祝日、年末年始はお休みとさせていただきます。)
詳しくは一般社団法人日本損害保険協会のホームページを御覧ください。
http://www.sonpo.or.jp/

●事故が起こった場合
事故が起こった場合はただちに損保ジャパン日本興亜または取扱代理店までご連絡ください。平日夜間、土日祝日の場合は下記事故サポートセンターにご連絡ください。
【事故サポートセンター】
0120-727-110
【受付時間】
平日:17:00~翌朝9:00  土日祝日:24時間
(12/31~1/3を含みます。)
※上記受付時間外は損保ジャパン日本興亜または取扱代理店までご連絡ください。

禁止事項

※上記事項に違反した場合、退会及び、程度に応じて、法的措置をとり相応の罰金を請求させて頂きます。